音響医学へ

f:id:torinonemi:20180902071911j:plain:h147:w220
みなさまこんにちは とりのねです。




【音が形を作る】というサイマティクス理論は
マナーズ博士の研究により
【音響医学】へ転換していきました。


健全な人体の各組織のエネルギー(鋳型)は
5つの周波数の調和音から
成り立つことが判明しています。
例えば『胃』。胃の周波数も、ある特定の
5つの音の組み合わせです。
その組み合わせの時のみ物質は胃の形を
立体的に形成し、それを維持します。




砂や粉・金属のくずなどの無機質なものに
人体の臓器などが発している周波数を聞かせると
その形を『3次元』で見事に再現するのです。


例えばマナーズサウンドの【背骨の音】。
この音を微細な粉末や砂などにかけ
可視化すると【背骨の形】を
【腎臓の音】をかけると【腎臓の形】を
再現します。