生命場の役目

f:id:torinonemi:20180903084824j:plain:h147:w220
みなさまこんにちは とりのねです。




私たちの身体をつくる細胞や分子は
生成と消滅をくり返しながら肉体を
保持し続けています。
人体の細胞の入れ替わりはとても速く
肝臓の組織などは概ね半年で作り替えられて
いるそうです。


故に【昨年の私】と【今年の私】は
全く別の分子で構成されていることになります。
しかし【私は私】。分子の入れ替わりが原因で
容姿が突然別人に大変身することはありません。


この当たり前のように思われる現象。
これは分子の入れ替わりの際に
その配列を間違えないようにする
【生命場の役割】によって成立しています。




生命場の研究者でアメリカの解剖学者
【ハロルド・サクストン・バー博士】。
博士は『人間をはじめ形あるもの全ては
ライフ・フィールド(生命場)によって
律せられている』とし
『生命場によって肉体の形状は常に保持され
変わることはない』といっています。


これは他の生物も同じ。猫がインコになったり
サボテンがバラになったりしないのは
生命場により細胞が律せられているからです。