甘いお菓子

f:id:torinonemi:20190106225411j:plain:h147:w220
みなさまこんにちは とりのねです。




あなたは疲れた時やストレスが溜まった時
ついつい『甘いお菓子』に
手が伸びてしまいませんか?
女性の場合は、疲労やストレスの他に
体内リズムやホルモンの乱れなどがある場合も
チョコやケーキなどの『甘いお菓子』を
欲することが多いと思います。


疲れを癒す『甘いもの』には
心をゆったりとさせるリラックス効果があり
適量であれば心にはプラスとなります。
しかしそれも食べ過ぎてしまうと逆効果。
その『甘味』が神経を苛立たせる原因となります。




あなたが幼い頃、大声をあげて泣いていたとき
『あめ玉』や『甘いお菓子』で
泣き止んでいた記憶はないですか?
『ワーッ』と泣いているその口に
ポイッとあめ玉を放り込まれた記憶や
小さなあなたの手に『お菓子』を握らされた記憶。


その経験のある人は、疲れやストレスなどに
遭遇すると甘いお菓子を欲しがる傾向にあります。
悲しくて泣いていたあなたの口に
突然広がった『甘い味』。
それを大人になっても忘れられないのです。


ですが、幼かったあなたが泣きながら
欲していたのはあめ玉ではなく周りの人の
『優しさ』や『愛』だったのではないでしょうか。


幼い頃に繰り返されるそのお菓子体験は
『甘い記憶』として心に残ります。
『精神的苦痛』には『甘い味』。
これが甘いお菓子の誘惑の理由のひとつです。
あなたの『癒し』を求める心が
甘いお菓子を求めているのかもしれませんね。
そんな心に『愛』と『適度なスイーツ』を
与えてあげてくださいね。





🔷ご観覧ありがとうございます。
🐦『とりのね』の明細は公式ホームページへ
音響・自然療法マナーズサウンドとりのねホームページ