マナーズサウンドの施術例 3《肉体調整編》

f:id:torinonemi:20190319090945j:plain:h147:w220
みなさまこんにちは、とりのねです。




前回の『マナーズサウンドの施術例3』
の続編【肉体調整編】です。
私の家族(M)の具体的な施術例を
ご紹介しています。
このブログを通して少しでも多くの方に
マナーズサウンドのことをご理解頂けると
嬉しいです。

※《本人の希望により続柄は伏せさせて頂きます》





今回から『こり改善コース』内の
【肉体エネルギー調整】へと入ります。
『エネルギー・オーラ調整』『チャクラ調整』
『メンタル調整』などを終えた時点で
すでに心身はリラックスし
緊張していた肉体もほぐれつつあります。


⚪まずは『肉体的リラックス』の音。
リラックス感をさらに高め
身体を緩ませてから施術をしていきます。





Mは毎日重たいものを抱える肉体労働で
腕・足・腰などの痛みを訴えています。
『こり改善コース』は
硬くなった筋肉の緊張を解き、コリや痛みを
緩和・改善へと導いていくコースです。


身体の調整では、筋肉そのものに働きかける
『筋肉細胞』『硬直/こわり』『硬直/肩こり』
などの音で硬直・こわばり・痛みなどを癒し
『血液循環』『酸素』の音で
身体のエネルギー代謝を高めていきます。
Mの両膝裏(特に左側)の血液・酸素の循環が
スムーズに巡るよう調整を行いました。


そして最後に『疲労』『エネルギー』
『バイオレット』の音を追加。
この『バイオレット』は第7チャクラのカラー
である『紫色』の周波数を音に変換したものです。
第7チャクラのパワー、全体のエネルギーを
さらに高めていきます。
www.torinonesound.com
こうしてMの『肉体・感情・精神・霊体』
全てのバランスを調整し
『こり改善コース』の施術を終了しました。





後日、Mから今回は好転反応がなかった事と
『全体の痛みやだるさが取れてスッキリした』
との報告を受けました。
しかしMの場合、日々の肉体労働が続く限り
肉体疲労の根本的な解決は難しいのが現状です。
その痛みを少しでもラクにするためには
定期的な身体のメンテナンスを
継続して行っていくことが大切です。


心の痛みも身体の疲労も早めに手放す。
そのために行動を起こす。
自分の苦しみを放っておくことは
自分を無視する行為です。あなた自身を大切に。






🔷ご観覧ありがとうございます。
こちらのブログもどうぞご覧ください。
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
🔶ご予約・お問い合わせ・メニューなどの明細🔶
こちらをタッチ

🐦『とりのね』へのアクセス
こちらをタッチ