『肝』と『目』

f:id:torinonemi:20190331083433j:plain:h100:w260
みなさまこんにちは

心も身体もラクになる
マナーズ音響振動療法サロン とりのねです。




東洋医学では『肝臓(肝)』は全身に
『気・血・体液』を巡らせ、これらを
必要な箇所に必要なだけ配分する
働きがあるといわれています。
これは感情を伸びやかに保つ働きにも繋がるため
『肝臓』に不調がある場合、短気になり
苛ついたり、怒りっぽくなるともいわれています。


『肝』の不調が現れやすい感覚器は『目』。
目が乾く、かすむ、視力の低下など
目の様々なトラブルは
『肝』の働きと深い繋がりがあります。





マナーズサウンドには『目』のエネルギーを
調整する周波数があります。
これは『目』が発している周波数を
可聴域に変換したもの。
深く響く音や、キーンと甲高い音まで
バラエティー豊かな音たちです。


施術の際、この『目』に働きかける音を
身体にかけていくのですが
その場所は『目』ではなく『肝臓』と『腸』。
東洋医学的に繋がりの深い場所に
スピーカーをあてていきます。





私は以前、自分の『目』の施術をした時
セルフ実験を行ったことがありました。
『目の音』を目の横からあてた場合と
『肝臓』『腸』にあてた場合との
比較をしてみたのです。
すると断然『目』よりも『肝臓』『腸』に
音をあてた時の方が視界がクリアになり
スッキリとしました。


それ以来『目』のエネルギー調整をする時は
『肝臓』と『腸』を中心に他の各臓器にも
目の音を聴かせるようにしています。
そうして各臓器エネルギーと『目』の関係性を
チェックすることで、
歪みがリンクしている箇所がわかり
全体のバランス調整を行えるのです。


『肝臓』の疲れは『目』に現れますが
『目』の酷使もまた『肝臓』を疲弊させます。
私用のパソコンやスマホの長時間使用は控えて
大切な身体を労ってあげましょう。






🔷ご観覧ありがとうございます。
こちらのブログもどうぞご覧ください。
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
🔶ご予約・お問い合わせ・メニューなどの明細🔶
こちらをタッチ

🐦『とりのね』へのアクセス
こちらをタッチ

🌟『プロフィール』
こちらをタッチ