マナーズサウンドの施術例 4《許容・愛コース編》

f:id:torinonemi:20190404130010j:plain:h147:w220
みなさまこんにちは とりのねです。




シリーズ化しております。
私の家族(M)への『マナーズサウンド施術例』。
今回は第4回目です。
クライアントが家族だからこそ書ける
具体的な施術内容をお伝えしています。
このブログを通して
皆様にマナーズサウンドへのご理解を
深めて頂けることを願っています。


《※本人の希望により続柄は伏せさせて頂きます》


今回選択したのは『許容・愛コース』。
現在のMの様子から、肉体調整の前に
メンタル調整の必要性を感じました。
www.torinonesound.com
M本人の訴えは、日々の肉体労働による
右足・両腕・腰の痛みです。
筋肉を労る音も組み込んでみました。




🔵まずは『エーテル体』や『オーラ』などの音で
全体のエネルギーバランスをチェックしながら
調整していきます。
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
右爪先、身体の両側面、肝臓エネルギーの
反応を読み取りました。


🔵次に『チャクラ調整』。
第1チャクラの歪みが少し大きいものの
他のチャクラ、特にMの課題となっていた
第7チャクラのエネルギーが徐々に戻っています。
www.torinonesound.com
🔵バッチフラワーによる『メンタル調整』。
今回反応のあった音は、恨みや妬み・嫉妬などの『ウィロー』と『ホリー』。
これらの音は『肝臓』や『腎臓』エネルギーと
深い関係があります。
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
・優柔不断で自分で決断できない
『スクレランサス』。Mは、この音は
自分にピッタリだと言っていました。
www.torinonesound.com
🔵そして『経絡調整』の音で
気・血流・体液の滞りをスムーズに流します。
その後『肝臓・腎臓・腸』などの
各エネルギーを整えていきます。


今回特に反応の大きさが際立っていた
『肝臓』エネルギー。
4回目の施術で、ようやく今まで封じ込めていた
怒りを手放す準備ができたようです。
www.torinonesound.com
他、Mの希望していた『筋肉の痛みや硬直』に
働きかける音
『髄液』エネルギーや『生命力』アップなどの
音で全体を調整し終了しました。




前回の施術で読み取った7~8年前のトラウマ。
今回の施術中、Mは『そういえば…』と
昔の友人との間で起きたトラブルを思い出し
その時の状況や心境、相手に対する怒りなどを
露にしていました。


これでやっと、心のブロックがひとつ
溶け出したようです。





🐦『とりのね』の明細は公式ホームページへ
音響・自然療法マナーズサウンドとりのねホームページ


🔷ご観覧ありがとうございます。
こちらのブログもどうぞご覧ください。
www.torinonesound.com