直感力を高める方法《芸術編》

f:id:torinonemi:20190908130536j:plain:h147:w220
みなさまこんにちは、とりのねです。




厳しい残暑が続いていますが、空は秋の気配。
秋といえば読書に芸術、美味しい果物や芋・栗など
を使用した季節限定のスイーツも楽しみのひとつ
ですね。甘いもの好きな女性には嬉しい季節です。


さて今回は『考えるな、感じろ』の感じる力、
直感力の高め方についてです。
それは簡単に言うと『子供に戻る』ということ。
大人が身に付けている防御服をパッと脱いでいく
練習です。常識や見栄、世間の目を気にする心を
取り払い、直感力を研ぎ澄ませる方法をご紹介
いたします。


『秋』ということと、私が以前、工芸職人だった
ことから『美術』に関連した直感力の養い方です。
芸術・美術が好きな方はすでにご存知かも
しれませんが、初耳の方はぜひお試しくださいね。





あなたの直感力をグッと高め、その力を日常で
発揮できるようにするための訓練方法。
それは美術館に行った際、展示されている数々の
作品の前をスタスタと『早歩き』で通過していく、
というものです。…え?作品をじっくり見ないの?
と不思議に思いますか?


ではなぜ美術館での早歩きが、私たちの直感力を
高めていくのかというと…
その理由は、私に響かない作品をどんどんスルー
していくそのスピードこそが、目からだけではなく
肌や空気感、エネルギー・波動などから、瞬時に
私と共鳴する作品を引き寄せる力となるからです。
それはピンとくる感覚で作品を選び、感じる、
と同時に作品から選ばれる、という直感力を磨く
訓練となります。


いや、せっかく来てお金を払ったし、じっくり
観賞しないと損だし、たくさん観たいし…という
方もおられるでしょう。
確かに芸術の楽しみ方は人それぞれ、自由です。
ですが作品を『感じる』という点においては、
美術館の入り口から順番に、筆のタッチなんかを
マジマジと観察しながら観賞していく方法では、
使っているのは頭・思考ばかりです。


そもそも私と共鳴しない絵をじっくり観賞する
ことに、何の意味があるのでしょう?
そこですよ、『子供に戻る』。子供は興味のない
もの、自分に響かないものには見向きもしません。


子供達がそうであるように、人は元々感覚的な
存在で、直感力のない人なんてひとりもいない…と
私は思っています。単にその感覚が鈍っているだけ
なのですね。そしてそのことは、直感力と表現力・
芸術性を司る『第5チャクラ』『第6チャクラ』
とも深く関係してきます。
www.torinonesound.com
私に響く作品は、もしかしたら目利きの人、
画商や審査員の人からすると『?』な作品だったり
金額的にも評価の低いものかもしれません。
でもそんなことは関係ないのです。
そこに引っ掛かると自分の心が霞んでしまいます。
よくありますね。◯◯万円の陶器が良い器か?
というと、そうでもないというのが。
あくまでも『私』にとって、ということですが…。


そうではなく、大切なのは『私』との共鳴です。
共鳴すると心が動かされて、カラダは動かなく
なります。そうなると私は、私を引き止めた
絵画や日本画・工芸作品などの前に、何十分も
立ち尽くしてしまいます。
(なので美術館デート、できません(^_^;))





そうして少しずつ磨かれた直感力や感性は
美術に関することだけではなく、生活全般において
幅広く応用が効く上、いざというときにあなたを
助けてくれるようになるのです。


高い直感力は幸せを引き寄せ、事前にトラブルを
回避し、あなた自身を守ってくれます。例えば
『何か怪しい』と感じることは、このご時世
とても大切なことですね。


直感力を磨き、研ぎ澄ませることは、いつから
始めても遅いなんてことはありません。
この秋から、あなたもぜひ美術館で『直感力』
『第5・6チャクラ』を高める練習をされてみては
いかがでしょうか?
www.torinonesound.com


⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️




施術前のカウンセリングでは
お客様のお悩みや心身の状態、不調などを
しっかりとお伺いします。
全体のエネルギーレベルをグッと引き上げ
自然治癒力が高まるよう後押しをいたします。


特定の箇所を中心とした調整をされたい方には
そのお悩みを解き放つためにベストな
施術メニューのご提案をさせていただきます。
ご提案のみで無理強いは決して致しません。
ご安心してご来店ください。


🐦明細は公式ホームページへどうぞ。
音響・自然療法マナーズサウンドとりのねホームページ

つぶやき写真『日常』

つぶやき写真『とりのね』


🔷ご観覧ありがとうございます。
こちらのブログもどうぞご覧ください。
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com