周波数・波動で自然治癒力を高めて健康改善マナーズサウンド音響振動療法とりのね 《鳥取・米子・大山町》

心とカラダの健全な機能を自然に回復させていく『マナーズサウンド』。あなたのお悩みや困り事の解消・改善のために私が全力でサポートいたします。どうぞお気軽にご相談ください😊

周波数療法の歴史。ライフ博士とマナーズ博士

こんにちは『とりのね』の藤井です。


今回は【周波数療法の歴史】についてです。歴史といっても難しいものではありません。ご安心ください。では興味のある方だけどうぞ。


今から約80年前、ひとりの医師が16人の末期ガン患者を全員完治させた『罪』により医師界を永久追放されました。
《ロイヤル・レイモンド・ライフ博士》。彼はメスも薬も一切使用せず、特定の周波数のみで苦しむ患者を救った人物です。


1933年、当時使用されていた顕微鏡の約6万倍という超高性能の顕微鏡を開発したライフ博士は、それを使用し【正常細胞をガン化】させる実験を試みました。その回数、実に2万回以上。そしてその全ての実験を成功させました。


『このウイルスさえ破壊できれば…』そう考えたライフ博士は、波動による共振・共鳴現象を利用し、ウイルスと共鳴する振動数を割り出します。そしてそれをウイルスに照射。するとその振動に耐えられなくなったウイルスは自ら自滅しました。これが『周波数療法』の始まりです。


現代の最先端医療でさえ、ガンの平均治癒率は15~30%といわれている中、ライフ博士の周波数療法による治癒率は100%。しかもこの治療は痛くも痒くもありません。
『共鳴現象』は共鳴し合う振動数にしか響かないため、健康な細胞にはダメージがないのです。


夢のような画期的な治療方法でした。もしこれが80年前にそのまま認められていたならば。ですがここからがライフ博士の悲劇の始まりでした。




こんな治療方法が世の中に出回ったら困る。残念ながら、そう考える人達がたくさんいます。人の命より自分の利益『お金』を優先させる人達です。『周波数療法を潰せ』。


ライフ博士の50年にも及ぶ貴重な研究資料は盗まれ、顕微鏡は破壊、研究所は放火されました。こうして何者かの大きな圧力により徹底的な弾圧を受けた世界初の周波数療法は、完全に封印されることとなりました。晩年ライフ博士は精神安定剤と酒に溺れ、83歳で亡くなられたそうです。
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
ですがこの世の法則では、本当に人のためになるものはそう簡単には消えないようでして。
ライフ博士が亡くなる少し前、その遺志を引き継ぐように現れたドイツ人の『パウル・シュミット』。彼は医師ではなく、土木機械会社の経営者。そして波動医療の装置の開発者でもあります。


こうして共鳴現象を用いた治療に携わる医師や物理学者達が、次々と登場するようになりました。『マナーズサウンド』の創始者である《ピーター・ガイ・マナーズ博士》もそのひとり。なぜでしょう。マナーズ博士も命を狙われ、研究資料は盗まれ、研究所や自宅は4度も放火されました。


マナーズ博士はこの施術を世に広めていくにあたり、時代が早すぎたことをご存知だったのです。生前、博士は『私の代では無理だ。あなたたちの世代でこの施術を世に広めるように』と、私の先生におっしゃっていたそうです。


このように数奇な運命と歴史を背負ってきた『周波数療法』。時を経て、今やその技術と理論は世界中に広がりを見せています。
この『波動/エネルギー』による『共鳴現象』を用いた未来の医療が、どうかひとりでも多くの人に届くよう願って止みません。


※ライフ博士については未来を救う『波動医学』/船瀬俊介 著者より


🐦明細は公式ホームページへどうぞ。
とりのねホームページ




『とりのねLINE@』では施術に関する疑問・質問やお問い合わせ・ご予約などを承っております。まずはお気軽にご相談くださいませ。

※お客様対応中と22時~翌朝9時までは自動返信モードとなります。


🌟とりのねインスタグラム


⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️


施術前のカウンセリングでは、お客様のお悩みや心身の状態、不調などをしっかりとお伺いします。全体のエネルギーをグッと引き上げ、自然治癒力が高まるよう後押しをいたします。


特定の箇所を中心とした調整をされたい方には、そのお悩みを解き放つためにベストな施術メニューのご提案をさせていただきます。
ご提案のみで無理強いは決して致しません。ご安心してご来店ください。