自然治癒力を高めて心を癒し体を整える健康改善サロンとりのねブログ《鳥取・米子・大山町》

自己治癒力を高めることにより心身の不調を自然と回復させていきます。体に全く負担のない『体質改善』『不調改善』と『心の癒しと解放』をお望みの方のためのサロンです。お気軽にご相談ください。

お菓子がやめられない 肉体的要因と改善方法

こんにちは『とりのね』の藤井です。


『お菓子がやめられない』原因として考えられるものに【肉体的要因(食事内容や栄養面)】と【心理的要因(依存性など)】の2パターンがあります。
今回は【肉体的要因】にフォーカスしたものをいくつか上げてみました。あなたに当てはまるものが見つかったなら、あとはそれを取り除くだけです。ぜひチェックしてみてくださいね。


*『肉体レベル』の問題*


①【食べ物の偏りがあるためカラダに必要な栄養素が足りていない】

脳がカラダの栄養不足を察知して、生き延びるために『何かを食べなさい』という指令を下しているパターンです。
あなたの食事は和食中心でしょうか。もしそうでないのなら、まずは『食生活』から見直してみてください。


私たち日本人のカラダには、やはり和食が合っています。ご飯・味噌汁・漬け物・納豆・海藻類など。特に味噌や醤油・糠漬け・糀谷などの日本独自の発酵食品は、胃腸の働きを活発にしてカラダを丈夫にしてくれます。


次に『食材選び』と『食べ方』についてですがこれに関して私がお勧めするのは『歯』の構造から栄養バランスを考えた食事内容です。
f:id:torinonemi:20210410095126g:plain
人間の『歯』は全部で32本。

◎『門歯』8本
菜食/野菜を食べるための歯

◎『犬歯』4本
肉/魚などを食べるための歯

◎『臼歯』20本
穀物などを食べるための歯


『歯』の構造からみる必要な栄養素の割合
【《穀物》5:《野菜》2:《動物性》1】

これを基礎として食事や栄養素のバランスを考えてみてください。そして大切なのは野菜でも魚でも『旬』のものを頂くこと。
『旬』のものは天からの恵みです。自然は私たちが生きていくために必要不可欠な栄養素をちゃんと準備してくれています。それを頂くことでカラダは更に健康に、丈夫になるように出来ています。


②【『消化機能』がエラーを起こしカラダに必要な栄養素が回っていない】

これも①と同様、脳がカラダの栄養不足を察知して生き延びるために『何かを食べなさい』という指令が降りてきているパターンです。
このタイプの場合は、食事内容がしっかりしていてもカラダの『消化機能』が弱っているため、必要な箇所に必要な栄養素が届いていない状態です。


その結果、脳から『栄養不足』のタグ付けをされているため『食べる』ことがやめられません。ですから『お菓子』だけではなく食事全般においても常に過食気味です。


『消化機能の弱り』⇒『栄養不足』⇒『お菓子がやめられない/過食』というループを解消していくために、まずは『消化機能』を強化し⇒『栄養を回せるカラダ』を作り⇒『お菓子断ち/過食ストップ』というように逆算式の順番でいくのが確実かと思います。


『消化機能』の弱りを短期間で回復させる方法としてお勧めなのは『ファスティング(断食)』です。ですがこれだとかなりハードルは高くなりますね。
無理をして続かないのは本末転倒なので、まずは食事量を『いつもより少食』くらいにして内臓の負担を少し減らしてみてください。そして徐々にそれを習慣付けてください。難しいかもしれませんが、ここは頑張りどころです。


この『いつもより少食』が習慣になると、臓器の負担が減るため『胃腸』は以前よりもスムーズに仕事をこなすようになります。するとカラダ中に栄養素も回りだし『栄養不足タグ』は外れ、お菓子や過食とサヨナラができます。


そして『腸』の働きを支えるためにも『筋トレ』は必須です。無理のない範囲で結構ですので『腹筋』を中心にカラダを鍛えて筋肉を付けてください。


『水分の取り方』にも注意が必要です。あなたの体質に合った水分量を摂取することで、腎臓の負担は減り、その機能は高まります。腎臓のキャパオーバーになるほどの水分摂取は控えましょう。
腎臓はカラダの中でも非常に重要な役割を果たす臓器です。腎臓が弱ると意志も決意も弱まります。
www.torinonesound.com
www.torinonesound.com
③【食品添加物・糖類中毒】

これは何となくお菓子を食べていたら『クセ』になってやめられなくなっていたというもの。あなたの長年の生活習慣が招いた食べグセですが、その背景には『食品添加物』と『糖類』のワナがあります。


市販されている『スナック菓子』の中に含まれている『食品添加物』そして”糖類“には強い中毒性があります。いわゆる『やみつきになる味』というやつですね。


食品添加物を多く摂取することで、まずは脳の働きが鈍くなり、次第に食事の量(満腹感)や舌の味覚が狂っていきます。また糖類は血糖値を急激に上下させるため、カラダの機能や心の状態の振り幅も大きく激しくなります。


『お菓子がやめられない』というのは、すでにその味と感覚と刺激がクセになっているということ。ですからあなたの『お菓子断ち』が成功するかどうかは、それに対する”自覚“、言い換えると『自分と向き合う』ことが出来るかどうかにかかっています。
いろんな意味で『ワナ』にハマっていることがストンと腑に落ちれば、自然とお菓子はやめられます。


もし『お菓子断ち』の途中でどうしてもガマンができなくなったら、せめて甘い飲み物/もしくは『野菜スティック』『おにぎり』『納豆』などの食事に関連するもので、お腹を満たしてください。
食品添加物と糖類のクセを抜くのは、なかなかに難しいことです。ですがその味を一度スパッと絶ち切ってしまえば、正常な味覚はちゃんと戻ってきます。すると『お菓子断ち』は難なく成功しますよ。


このように『肉体レベル(栄養素や消化機能)』に問題がある場合は、それに見合った生活習慣に変えていくこと・食事内容の見直し・運動/筋トレなどの『自分改革』が必要となります。
あなたのカラダに合う方法、そして生活に添った無理のない範囲で構いません。なるだけそれを継続するよう心掛けてみてください。


もし続けることが難しいと感じたり、始めることすら出来ないのであれば、それはあなたの『お菓子がやめられない』原因が『肉体的要因』ではなく『心理的要因』にあるからかもしれません。




■エネルギーの不足/枯渇を感じる方。自分の思考・心・カラダ・生活習慣を変えるパワーのない方。
または自然療法・代替療法による体質改善、根本的治癒をお望みの方は心が決まりましたら『とりのね』の藤井までお気軽にご相談ください。
www.torinonesound.com
■当サロンには回数券・割引クーポン・ポイントカード・物品販売はありません。また施術回数やメニューの強要もいたしません。安心してご来店ください。


🐦明細は公式ホームページへどうぞ。
とりのねホームページ




『とりのねLINE@』では施術に関する疑問・質問やお問い合わせ・ご予約などを承っております。まずはお気軽にご相談ください。

※お客様対応中と22時~翌朝9時までは自動返信モードとなります。