周波数・波動で自然治癒力を高めて健康改善マナーズサウンド音響振動療法とりのね 《鳥取・米子・大山町》

心とカラダの健全な機能を自然に回復させていく『マナーズサウンド』。あなたのお悩みや困り事の解消・改善のために私が全力でサポートいたします。どうぞお気軽にご相談ください😊

眠れない。 不眠を解消する快眠セルフケア

こんにちは『とりのね』の藤井です。


そもそも私たちのカラダは『眠る』ことを通して、その日の疲れをその日のうちにリセットできるよう予めプログラミングされています。
ですから『睡眠』とは私たちが健康な毎日を過ごすための、いわば『生命体浄化システム』のようなものですね。


故に『不眠』に陥るということは、あなたの中に組み込まれているその『システム』に、何かしらのエラーが起きているということ。
その警告ランプがチカチカ点滅している状態が『不眠』ですから、管理者であるあなたがその原因を探り、その部分を正していく必要があります。えぇ、あなたが自分で修正するんです。


自分でこしらえた『エラー』を自分で探して自分で治すのですから、そこに“薬”などはいりません。そうして『不眠』を解消してスッキリ爽やかな朝を迎えるためにも、今すぐ出来ることから始めましょう。
www.torinonesound.com
ここからは、あなたがご自宅で手軽にできる『不眠解消セルフケア』をご紹介していきます。これは生活様式を不眠前に戻すだけの、ごく簡単で単純でありふれた方法に少し+αしたものです。


ちゃんと実践して『不眠』が解消すれば、カラダは軽く心はスッキリ爽快な日々が訪れます。ぐっすり眠れると仕事や家事/育児などもスイスイこなせてパフォーマンスもグッと上がります。自分の健康を守るためにも、ぜひこのセルフケアをお試しくださいね。


****快眠への道・セルフケア****


不眠は『オーラ』『第7・6チャクラ』『松果体』『自律神経/交感.副交感神経』『胃腸/肝臓/腎臓/髄液』などのエネルギーの乱れがあります。
セルフケアとしては、これらをなるだけ疲れさせないようにすること。そして常に気にかけてケアをしてあげることがポイントとなります。


①【パソコン/スマホを見過ぎない】
②【寝る前にTVを見ない】


この【①と②】は『目と松果体(睡眠を司る脳の一部)』を休めるために必須です。仕事でパソコンを使用されている方も、ご自宅では端末機を見過ぎないようにしてください。


特にブルーライトは目と脳を疲労させます。寝る前の2~3時間は電源を切るなどして画面を見ないよう工夫をしてみてください。


③【入浴時間を早くする】


質の良い睡眠のためには、就寝前のおおよそ2~3時間くらい前に入浴を済ませておくと良いでしょう。
寝る寸前に入浴をするとカラダが火照って興奮状態なため、なかなか寝付けません。お風呂から上がり体温が下がりだした頃が就寝のタイミングです。


④【夕食の時間を早くする】


これはお仕事の都合もあるため実践するのは難しいかもしれませんが、夕食の時間を今よりも少しだけ早めに終わらせてみてください。


例えば就寝直前や夜遅くに夕食を取ってしまうと、内臓が消化活動に忙しくなる時間帯と就寝時間が重なってしまいます。すると活発な内臓と休みたい脳とでカラダの意見が分かれてしまい、ゆっくり休むことができません。


やはり心地よい快眠のためには、内臓も脳も同時に休める状態がベスト。脳と内臓と心の状態がピタッと合うことで快眠を得られます。


⑤【食べ過ぎない】


④と同じ理由ですが、食べ過ぎると内蔵に負担がかかり消化吸収が延々と終わりません。お腹も苦しくスッキリしないため、気持ちよく眠ることが難しくなります。


夜中に目が覚めるのは『肝臓―胆嚢』に負担がかかっているためですが、その負担は主に食べ過ぎ・飲み過ぎが原因です。そして『目』を酷似することも『肝臓』を疲労させてしまいます。


⑥【体内の浄化/解毒】


⑤に通じますが『肝臓』や『腎臓』といった解毒を担う臓器の働きが鈍っていると、体内毒は溜まる一方です。まずはカラダを軽くするために『肝臓・腎臓・脾臓』などのお手当てをし、デトックスをしてください。


臓器がクリアで軽やかだと、夜はぐっすり眠れるし朝はスッキリ目覚めます。毒素の溜まったカラダでの快眠はありません。
www.torinonesound.com
⑦【便秘を解消する】


便秘でお腹が詰まったり張ったりしている状態では脳も心もゆっくり休むことができません。消化吸収・排泄を担う臓器が軽い状態でこそ良い睡眠となります。
www.torinonesound.com
⑧【適度な運動】


よくカラダを動かすことで睡眠の質は上がります。極論に近いですが『絶対に眠れない』という人でも、大山登山をすればその日は熟睡できるのではないでしょうか。


現代社会、特に田舎ほど圧倒的に運動不足。それに加えて運動量よりも食べる量の方が勝ります。動かないわ食べるわでスムーズに消化吸収できず、重たくなるカラダ。これでは眠れなくて当然です。
ウォーキングやスクワット・ストレッチ、出来る人はヨガや太極拳などカラダに無理のない運動を心がけてください。


⑨【アロマを使用する】


『アロマを焚いても眠れない』。あなたが使用しているそのアロマ、何から作られていますか。本物のアロマは諸外国では医療用として用いられるほど、精度の高い高品質なものです。


それらの『メディカルアロマ』と呼ばれているものは、単に香りを楽しむといったキラフワ女子のおしゃれ小物ではありません。本物のアロマは、私たちのカラダや心の不調やお悩み・困り事を解消してくれる心強いアイテムなのです。


私は質の良い『ドテラ社』のアロマを愛用していますが、他にも『ヤングリビング』など高品質のアロマは市販されています。選ぶのなら香りや品質は勿論のこと、やはりあなたの困り事にきちんと対応してくれるものが良いでしょう。
『不眠』には心の安定に作用する『ラベンダー』『オレンジ』『レモン』『ローマンカモミール』などがお勧めです。




『不眠』を解消するために大切なのは『不眠』に囚われないことです。寝ることに躍起になると反って眠れなくなります。
そして眠れないと、翌日の仕事や育児など日常生活への支障が気になるところですが『眠れないなら寝ないでいいや』くらいの気持ちで、おおらかに過ごしてみましょう。


次回のブログでは今回に引き続き『不眠』についてお伝えしたいと思います。テーマは『地球・シューマン共振周波数』の変化による『不眠』です。壮大なテーマ、気長にお待ちくださいませ(^_^;)


🐦明細は公式ホームページへどうぞ。
とりのねホームページ




『とりのねLINE@』では施術に関する疑問・質問やお問い合わせ・ご予約などを承っております。まずはお気軽にご相談くださいませ。

※お客様対応中と22時~翌朝9時までは自動返信モードとなります。


🌟とりのねインスタグラム


⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️⏹️


施術前のカウンセリングでは、お客様のお悩みや心身の状態、不調などをしっかりとお伺いします。全体のエネルギーをグッと引き上げ、自然治癒力が高まるよう後押しをいたします。


特定の箇所を中心とした調整をされたい方には、そのお悩みを解き放つためにベストな施術メニューのご提案をさせていただきます。
ご提案のみで無理強いは決して致しません。ご安心してご来店ください。