自然治癒力を高めて心を癒し体を整える健康改善サロンとりのねブログ・マナーズサウンド音響振動療法《鳥取・米子・大山町》

自己治癒力を高めることにより心身の不調を自然と回復させていきます。体に全く負担のない『体質改善』『不調改善』と『心の癒しと解放』をお望みの方のためのサロンです。お気軽にご相談ください。

苦手な音(周波数)ほど必要な音。人間関係も同じです

こんにちは『とりのね』の藤井です。


先日の施術中にお客様から『藤井さん、苦手な音(周波数)はありますか』と聞かれました。えぇ、もちろんありますよ。私が苦手なのは『エーテル体』『髄液』『自律神経』『アレルギー』などの音。
実は苦手な音(周波数)ほど、その人にとって必要な音だと言われています。私の場合もそれらの調整が、まだまだ足りていないということでしょう。


施術中、たまに『この音、苦手です』と言われる方がいらっしゃいます。以前『レッドチェストナット』という心配性の音をかけている時に『腕が痛い』『腕が重い』『この音、何だか不快です』という方がおられました。
www.torinonesound.com
実はこの方、幼い頃に腕を脱臼したことがあるのですが、なぜ腕が『心配性』の音に反応したのかは、そのご本人さんにも心当たりはなく私にもわかりません。


ただ言えるのは、その脱臼が本当の意味では『完治』していなかったということ。そしてその患部に『心配性』が貼りついていたということです。きっとその腕が過去の痛い出来事を浄化したくて、その音に反応したのでしょう。


これは音に限った話しではなく『人間関係』でも同じことが言えます。自分にとって苦手な相手や不快な相手は、あなたの心を調整へと促してくれる『ありがたい人』です。
その相手とのやり取りの中に、必ず『自分の課題』が見えてきます。それに取り組むことで、あなたの心の調整はグンと進みます。ですから『苦手な人』ほど必要な人となるのです。




■エネルギーの不足/枯渇を感じる方。自分の思考・心・カラダ・生活習慣を変えるパワーのない方。
または自然療法・代替療法による体質改善、根本的治癒をお望みの方は心が決まりましたら『とりのね』の藤井までお気軽にご相談ください。
www.torinonesound.com
■当サロンには回数券・割引クーポン・ポイントカード・物品販売はありません。また施術回数やメニューの強要もいたしません。安心してご来店ください。


🐦明細は公式ホームページへどうぞ。
とりのねホームページ




『とりのねLINE@』では施術に関する疑問・質問やお問い合わせ・ご予約などを承っております。まずはお気軽にご相談ください。

※お客様対応中と22時~翌朝9時までは自動返信モードとなります。