自然治癒力を高めて心と体を整える波動健康サロンとりのねブログ・マナーズサウンド療法《鳥取・米子・大山町》

自己治癒力を高めることにより心身の不調を自然と回復させていく施術を行っております。健康に関する問題やお悩み・不安を抱えている方はお気軽にご相談ください。

家族に自然療法を勧めるときは『説得しようとしない』こと

こんにちは『とりのね』の藤井です。


ご家族をココに連れてきたい、施術を受けさせたいとのご相談を受けることが多いのですが。その場合に大切なことは、相手を『説得』しようとせずに話をすることです。力説しないこと。これを心掛けてください。


いえ、勧めてもらうのは構いませんよ。むしろどんどん勧めてほしいくらいです。実際に『こんな方法もあるよ』というその一言に、ピンとくる人もおられますから。
ですが話をしても相手が乗り気でないとか、自然療法に不信感がある場合は、無理に『説得』しない方がいい。ついついヒートアップしがちですが、そこは冷静になってください。


大切な家族の健康に関わることです。きっとあなたは必死になって、自然療法の良さを力説するでしょう。相手が耳を貸さない場合は尚更のこと。それが相手を思えばこその言動だということは、よくわかります。
しかしです。いくら家族といえども、お互いに踏み込んではならない領域があります。相手の許可なしに、そのエリアにズカズカと入り込んではならないのです。
www.torinonesound.com
『説得』とは、あなたの意見や価値観の押し付けに過ぎず、相手の『拒否権』を拒否しにかかるということ。その行為自体が、もはや『自然療法』の真髄からズレてしまっているのですよ。
たとえそれが『命』や『健康』に関わることだとしても、先ずはあなたが相手を尊重できなければ『自然療法』をする意味は無いに等しいのです。


『たとえ我が子であっても、首根っこを押さえてまでするものではない』。これは私の師匠がつぶやいた言葉ですが、自然療法とはそういうもの。
あくまでも『説明』にとどめて、相手の気持ちが自然に変化するのを待つ。そしてこちらに向かなければ諦める。そこは全て自然の流れに任せてみてください。


もしそれに対して不安を覚えるのならば、それは相手の問題ではなく、あなた自身の問題です。自分の気持ちを安心させるために、相手の気持ちをねじ伏せてはならない。
相手が現代医療を望むのなら、そうしてあげた方がいいのです。相手を尊重し、丸ごと受け入れる強さを持ってください。


ちなみに。私の夫は難病で亡くなりましたが、夫が自ら選んだのは『現代医療』でした。自然療法もいろいろ試してみましたが、最終的には『病院の方が安心する』という本人の意思を尊重しました。きっと夫も満足していることでしょう。私もそれで良かったと思っています。




■エネルギーの不足/枯渇を感じる方。自分の思考・心・カラダ・生活習慣を変えるパワーのない方。
または自然療法・代替療法による体質改善、根本的治癒をお望みの方は心が決まりましたら『とりのね』の藤井までお気軽にご相談ください。
www.torinonesound.com
■当サロンには回数券・割引クーポン・ポイントカード・物品販売はありません。また施術回数やメニューの強要もいたしません。安心してご来店ください。


🐦明細は公式ホームページへどうぞ。
とりのねホームページ




『とりのねLINE@』では施術に関する疑問・質問やお問い合わせ・ご予約などを承っております。まずはお気軽にご相談ください。

※お客様対応中と22時~翌朝9時までは自動返信モードとなります。