自然治癒力を高めて心と体を整える波動健康サロンとりのねブログ・マナーズサウンド療法《鳥取・米子・大山町》

自己治癒力を高めることにより心身の不調を自然と回復させていく施術を行っております。健康に関する問題やお悩み・不安を抱えている方はお気軽にご相談ください。

冷たい食べ物や飲み物を取るとすぐにお腹を壊します

こんにちは『とりのね』の藤井です。


先日お越しくださった方が『冷たい食べ物や飲み物を取ると、すぐにお腹を壊します』とおっしゃっていました。
これ、一見お腹が弱い人のように思いますが、逆ですね。冷たい食べ物や飲み物でお腹を壊しやすい人は、極めて健康な腸の持ち主です。自然なんですよね、腸の状態が。


人間のカラダは、太古の昔からそう変化はしていません。とすると、冷蔵庫や冷凍庫でキンキンに冷えた食品に耐えられるはずがないのです。
よってアイスクリームや冷たいジュースなどでお腹を壊すというのは、至って自然なことと言えます。


これを言い換えるとキンキンに冷えたものでお腹を壊さない腸こそ、不健康なのです。腸が不自然さに鈍感になっているのですよ。
するとそれをキッカケに、以下のような悪循環が始まります。

①冷たいものでお腹を壊さない

②アイスクリームやジュースなどの摂取量が多くなる

③知らぬ間に腸が冷える

④知らぬ間にカラダ全体が冷える

⑤低体温や冷え症を招く

⑥血流やリンパなどの流れが滞る

⑦病気になりやすくなる


おわかりでしょうか。冷たいものでお腹を壊しやすい人は、その腸がカラダ全体を守ってくれているのです。
お腹を壊すのは辛いですが、大きな病気にかかるよりは遥かにマシ。そうして自然に大病を防ぐ習慣が身に付いているなんて、ありがたいことですよ。


といっても真夏の猛暑日くらいは、冷たいものも楽しみたいかと。ならば『食べ過ぎ』と『乳製品』に特に気をつけてみてください。
例えば『アイスクリーム』よりは『かき氷』。『アイスカフェオレ』よりは『アイスコーヒー(ブラック)』など、ちょっとした工夫をされると良いでしょう。くれぐれも、のど越しを優先して『腸』を犠牲にしないように。




■エネルギーの不足/枯渇を感じる方。自分の思考・心・カラダ・生活習慣を変えるパワーのない方。
または自然療法・代替療法による体質改善、根本的治癒をお望みの方は心が決まりましたら『とりのね』の藤井までお気軽にご相談ください。
www.torinonesound.com
■当サロンには回数券・割引クーポン・ポイントカード・物品販売はありません。また施術回数やメニューの強要もいたしません。安心してご来店ください。


🐦明細は公式ホームページへどうぞ。
とりのねホームページ




『とりのねLINE@』では施術に関する疑問・質問やお問い合わせ・ご予約などを承っております。まずはお気軽にご相談ください。

※お客様対応中と22時~翌朝9時までは自動返信モードとなります。